2011年4月11日月曜日

加工と修理のご案内

桜も咲いて、すっかり春めいてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
工房は、皆元気に働いています。

さて、今日の話題は工房らしく、加工と修理のご案内。
無料でやらせていただくメンテナンスとは別に、グローブでは料金が発生する加工がいくつかあります。
その中の一つがペンキ塗装による仕上げ。

After




まぁ、言葉の通りペンキで塗装するって事です。ニスやオイル仕上げ家具にやると、がらりと雰囲気が変わるのでおもしろいですね。写真の商品のようなツヤ消しの黒ペンキを使うと、ビッとしたモダンな雰囲気を作り出せます。今回のテーブルはニス仕上げでもいい味出していましたが、ペンキ仕上げは安い材や、見栄えの悪い材を使っても良く見せられるので、使いようによっては安い家具を変身させる事だって可能なのです。

ペンキ塗装の料金はテーブルが\21000~、イスは\6300~で、料金は家具のサイズや形などでかわります。
ただ、もともとがペイントの家具の場合は通常メンテナンスのうちなので無償です。

持ち込み、引取りでの修理、加工もできるので、グローブで買った家具でなくても大丈夫。家で眠っている家具、ボロボロになって見栄えの悪い家具、ペイント加工で変身させてみてはいかがでしょう?


お次は修理のご案内。
まずはこちらをご覧下さい







これはイスの背もたれのパーツを修理している所。この部分は破損がひどく、ぽっきりと折れてしまっていたのです。構造的に重要な箇所が破損してしまうと、ちょっとやそっとの修理ではすぐにまた壊れてしまい、使用するには危険なものになってしまいます。そんな時には破損箇所周辺を丸ごと複製して、負荷に強い部分とつなぎ合わせることで修理します。こうすることでまた長く使っていけるイスになるのです。このように修理をすることで、長い間付き合っていける。これも木製家具の良い所ですね。

家で使っていたイスの脚が折れてしまって、修理をあきらめている方、捨てようとしている方、まだ大丈夫です。手を加えてあげればまだまだ使えるようになります。物を大切に、長い付き合いにしていきましょう。


今日のところはこれでおしまい。では、またの機会に。

工房 A

0 件のコメント:

コメントを投稿