2011年5月6日金曜日

みなさんこんにちは
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか
本日は工房からの更新です

今回はいつもどのように
家具を修理しているか
その一部を紹介したいと思います


下の写真の在庫の椅子を使って説明していきますね
この椅子は脚と座面、背もたれの接合部がゆるんでしまい
ぐらぐら
しています
///グラグラグラ///

このままで座ると
とてもキケンです
一回ばらして締め直します

いきなりばらすと
パーツが多いので
どれがどこのパーツか分からなくなってしまいます
なので
しるしをつけておきます



しるしを付けたら下の写真の
ゴムのハンマーで
割れないように
傷が付かないように
慎重に
たたいてばらします


ばらしたらまた元のように組みなおします
その時に使う道具が
ハタガネです


元あった
凸と凹にそれぞれ
木工用ボンドを付け
しるしを見ながらすばやく組み
ハタガネで圧着します
このとき
ボンドはどんどん固まっていきます
なので時間との勝負です

上の写真の状態で半日程度放置すると
完全に固まり
締め直しはこれで終了です


次の工程は
ガタツキ修正
です

地面についてない脚があることで
がたがたと揺れてしまいます
//ガタガタガタ//

上の写真の
椅子の下にある鉄板は
水平板で、まっ平らになっています
長い脚を切ったり削ったりしては
水平板に乗せて様子を見る
を繰り返し
ガタツキを直します


次は細かく繊細な作業です

この椅子は
背もたれと座面で
クギで固定されていました
ばらすときにクギを外します
そうするとクギ穴となり目立ってしまいます

この穴を木工用のパテで埋めます
このとき埋めるところ以外を
マスキングテープで覆っておくと
余分な所までパテが付かずにすみます
↓ 
埋めたら乾くまで待ち
平らになるように削ります


このままではパテが白いので
まわりの色と差がありすぎて目立ってしまいます

まわりの色とあうように着色します
すると
目立たなくなりましたね

これで作業は終了です
おつかれさまでした

これは工房でやっている作業の一部です
家具はそれぞれ
いろんな壊れ方をしていて
いろんな修理があります
また機会がありましたら
ご紹介したいと思います
長文最後までお付き合いくださり
ありがとうございました


今回直したこの椅子のご紹介です
painted chair
¥ 15,750 (15,000)

5/8に三宿店に並びます
お店にいらして
ぜひご覧になってください



工房より


0 件のコメント:

コメントを投稿