2012年5月10日木曜日

Uranium glass :*.・。

こんにちわ。

なんだかお天気が不安定ですね;o;

急に大雨になったり、雷がなったり、、、

公園にお昼ご飯を食べにはなかなか行けません。涙


本日は、少し前に入荷いたしましたウランガラスのご紹介です。



uranium glass??

【 ウランガラス 】 Uranium glass

極微量のウランを着色材として加えたガラスである。
美しい蛍光緑色を呈する。

ヨーロッパが発祥で、食器やさまざまな日常雑貨が作成された。
ガラスにウランを混ぜることによって、黄色や緑色の透明な
ウランガラスが製造され始めたのは1830年代で、
ウランが原子力に利用されるようになる1940年代までの間に、
コップや花瓶、アクセサリーなどの各種のガラス器が
ヨーロッパおよび米国で大量に製造された。

現在では民間でウランを扱うことが難しいため、
新たなものは極少量が生産されているに過ぎないが、
骨董・アンティークとしてファンも多く、高値で取引されている。
「ウランガラス(Uranglas)」はドイツ語の読みで、
英語では「vaseline glass(バセリンガラス、または、ワセリンガラス)」と呼んでいる。
黄色いウランガラスの色がワセリンクリームの色と似ているから、とされている。
 
ウランガラスの最大の特徴は、
真っ暗闇の中で紫外線ランプ(いわゆるブラックライト)で照らすと、
緑色に妖しく輝き、蛍光を発するという点である。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


とても貴重なガラスなのです。。。

やはりほかのガラスと違い、グリーンがかった発色が個性的です。

今回入荷した商品は、カットも細かくとても素敵です

お写真だと伝わりづらいかと思いますが、少しご紹介いたします!














店内では、ショーケースの中にブラックライトを入れて
ディスプレイしております。

夜になるとブラックライトさんが力を発揮してくれます。
是非覗いてみてください

グリーンだけではなく、イエローに近いもの、
ブルーなどなど、、、、

たくさん並んでおります







シェードの入荷は、ちょこちょこありますが

食器やグラスの入荷はとても珍しいです。

そしてとても状態が良いです。すごく。

グラスも小さめなので、日本酒なんか飲むといいかもな、、
なんてディーラーさんとお話してました♪

そんなに貴重なものなら、値段は;;;;;;

と思い、見ると、、、

意外とこれが、、!

お安くはないですが、手を出せないお値段ではないのです。じつは。





ディーラーさんが素敵な本も貸してくれました。
見てるだけでもかわいい。。。


ヴァセリンのシェードは何点かございますので、
店内で探してみるのも楽しいです。






このシェードもそうなんです!

ひらひらの先にクランベリー!

お花みたいで可愛らしい♪

ひそかに狙っていますが、お値段が可愛らしくないのです、、笑



実際にご覧頂くとヴァセリンの魅力にはまってしまうかも。


GLOBE 本館2Fでディスプレイしております

実は、まだお買い得なセール開催中です☆、
お近くにいらした際には遊びにいらしてください。




GLOBE 










0 件のコメント:

コメントを投稿